『新春』

2022新春

書評の記事には書籍の紹介のため広告リンクが含まれています

2022年、明けましておめでとうございます。

今年はどんな年になるのでしょうか。嵐の吹きすさぶ日は、小さく丸まって暴風をやり過ごし、お日様きらきら快晴の日は、光を浴びて感謝しましょう。どんな日も小さな楽しみを見つけていきたいです。

新春2022
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA