サポーター達が眩しい『雪と珊瑚』(梨木香歩)

雪と珊瑚

お正月にうっすらですが雪が降ったので、この本を思い出しました。でも降る雪とは関係なく、赤ちゃんの名前で、珊瑚がその母親の名前です。

21歳の珊瑚は育った家庭に恵まれず、高校を中退してパン屋でアルバイトをします。結婚した同い年の夫とは1年足らずで別れ、1人で雪を育てています。

働かなければならないので、保育所を探していると、住宅街の昔風の古びた一戸建ての家に「赤ちゃん、お預かりします」という張り紙を見つけました。

その家のくららさん(64歳)は心優しい人です。実はヨーロッパの修道院で暮らしたこともある元修道女で、聖フランシスコゆかりのクララから名前をもらっています。

雪を預けますが、孤独な珊瑚の支えにもなってくれます。ヨーロッパ暮らしで身につけたお料理が、とても美味しそうです。

珊瑚は元働いていたパン屋さんに復帰します。そこで、アレルギーのある子どもの食べ物について考えさせられ、安全で美味しいお総菜を売るお店を持ちたいという夢を持ちます。

この物語では、実のバアバのようなくららさん、同じアパートで姉妹のように親しくしてくれる助産師の那美さん、アルバイト仲間の大学生・由岐さんの支えで、無事に生きていけています。 

そういう温かい支え手と出会えなくて、惨めな暮らしを強いられたり、犯罪にまで巻き込まれたりする例を新聞で目にすると、切ないです。

珊瑚の奮闘と周囲の人々のサポートで、無事にカフェ&総菜屋を開くことができます。

母と子の問題、学校カウンセラーの役割、無農薬野菜の話等々、話題満載の物語ですが、雪ちゃんのたくましく可愛い成長ぶりに心が和みます。 

¥660 (2022/12/18 11:50時点 | 楽天市場調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次