ストーリーテラーの傑作『田園発 港行き自転車』(宮本輝)

田園発 港行き自転車

舞台は富山県。この作者は北日本新聞から連載小説を頼まれて、取材に富山に行った時のことを、エッセイに記しています。

立山連峰から流れ落ちる冷たい急流の黒部川の畔で入善町の稲穂が揺れる広大な畑を見た時、この小説の構想が湧いたそうです。

登場人物は、まず実の姉弟のように仲の良い従姉弟の脇田千春と夏目佑樹。千春は高校を出て東京の会社に勤めますが、合わずに故郷へ戻り、最終的には佑樹の母・夏目海歩子の元で美容師になります。

絵本作家の賀川真帆は、15年前に富山県滑川駅で自転車に乗ってきたまま、突然死する父の足跡を辿ろうとします。黒部川に掛かる愛本橋の景色がゴッホの「星月夜」と似ていると聞き、そこも訪ねたいと思っています。

そして入善町の幼い男の子からのファンレターを大事に保存していて、返事も書いています。その子が夏目佑樹で、彼もまた真帆の返信を大事に保存しています。

千春の上司・川辺も富山湾に沿って入善港へ旅をしますし、京都の路地にある居心地の良いお茶屋風バーも登場します。

ストーリーは入り組んでいますが、その場にいる気分にさせてくれる、登場人物達の温かい心に触れられる物語です。

¥946 (2022/07/07 13:31時点 | 楽天市場調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場
¥946 (2022/07/07 13:31時点 | 楽天市場調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次